デメリットも知る

どのような物であっても、メリットしかないとは言い切れません。それは合宿免許でも同様なのですが、合宿免許は明らかにメリットの方が多いと言えるでしょう。それでも気をつけるべきことが全く存在していないというわけではないので、あらかじめ知っておく必要があるのです。では、どのような注意点が存在しているのでしょうか。まずは合宿教習所の数が少ないという点です。

一般的な教習所というのは、比較的いろいろな地域にあるので、ある程度人口が多い地域であれば、通える範囲にないということはまずありません。それに対して合宿教習所というのは、比較的数が少なくなっていることから、近所にない可能性もあるでしょう。しかし、合宿をするので遠くから通う必要がないため、必ずしも気を付けなければならないとは言えません。

他には全く知らない人と同じ部屋になる場合もあるので、人見知りの人などは注意すべきだと言えるのですが、最近はシングルの部屋も存在しています。1人でゆっくりしたいという人は、シングルの部屋を希望すればよいので、これも必ず問題になるとは言えないでしょう。中にはのんびり通って免許を取りたいという人もいるでしょうが、このような人は一般的な教習所があっています。

合宿免許のメリット

合宿免許を利用するメリットはいろいろとあります。最大のメリットと言えば、やはり短期間で免許の取得が可能になることですが、大体15日前後あれば取得できるでしょう。しかし、途中つまずいてしまった場合には、もっと日数がかかってしまうこともあります。それでもかなり短い時間で取得できることに変わりはありません。しかし、これだけが合宿免許のメリットではありません。

他にもいろいろなメリットがあるのですが、それは予約を取る必要がないという点です。一般的な教習所の場合には、学科も実技も事前に予約を取らなければいけません。なぜなら人数が限られているからなのですが、予約がいっぱいになっていると、別の日に予約をしなければいけなくなります。それが合宿免許では一切必要ないため、日にちを改めることをしなくて良いのもメリットです。

さらには一般的な教習所よりも安い料金で免許の取得ができるという点もメリットだと言えるでしょう。しかも宿泊費や食費を入れても、一般的な教習所で取得するより安くなるのが一般的です。このように合宿免許にはいろいろなメリットが存在しているので、最近では受ける人が増えていると言えるでしょう。まずは合宿免許について、いろいろと情報収集を行ってみることをおすすめします。

参考|合宿免許情報サイト〔合宿免許ハンター〕

合宿をで取る運転免許

自動車運転免許を取る方法として最も一般的なのは、教習所と呼ばれている施設に通って学科と実技を所定の時間受け、試験に合格したら試験場へ行って免許証を配布してもらうという方法でしょう。教習所は日本全国いろいろなところにあるので、自分が住んでいる地域にないということは少なくなっています。しかし、教習所へ通う方法以外にも、自動車運転免許を取得する方法が存在しています。それが合宿免許と呼ばれている方法です。

合宿免許というのは、合宿教習所というところに行くのですが、一般的な教習所との大きな違いは、名前の通りに泊まり込みで教習を行うことです。泊まり込みで毎日教習を受けることになるので、その分免許の取得が早くできるというのが最大のメリットでしょう。特に学生がよく利用する方法なのですが、学生は夏休みがかなり長くなっています。この夏休みを利用して免許を取得するために、合宿教習所に行くという人が多くなっているのです。

通常夏休みは40日前後ですが、合宿免許であれば15日前後で免許の取得が可能なので、合宿免許を選択しても、かなり夏休みが余ると言えるでしょう。冬休みや春休みでは日数が短いですし、試験休みが終われば終業式に参加する必要があるので、合宿免許に参加するのは難しくなっています。当サイトでは合宿免許という方法を選択することで、どのようなメリットがあるのかなどを紹介させていただいています。簡単な流れなども説明しているので、よければ参考にしてみてください。