合宿をで取る運転免許

自動車運転免許を取る方法として最も一般的なのは、教習所と呼ばれている施設に通って学科と実技を所定の時間受け、試験に合格したら試験場へ行って免許証を配布してもらうという方法でしょう。教習所は日本全国いろいろなところにあるので、自分が住んでいる地域にないということは少なくなっています。しかし、教習所へ通う方法以外にも、自動車運転免許を取得する方法が存在しています。それが合宿免許と呼ばれている方法です。

合宿免許というのは、合宿教習所というところに行くのですが、一般的な教習所との大きな違いは、名前の通りに泊まり込みで教習を行うことです。泊まり込みで毎日教習を受けることになるので、その分免許の取得が早くできるというのが最大のメリットでしょう。特に学生がよく利用する方法なのですが、学生は夏休みがかなり長くなっています。この夏休みを利用して免許を取得するために、合宿教習所に行くという人が多くなっているのです。

通常夏休みは40日前後ですが、合宿免許であれば15日前後で免許の取得が可能なので、合宿免許を選択しても、かなり夏休みが余ると言えるでしょう。冬休みや春休みでは日数が短いですし、試験休みが終われば終業式に参加する必要があるので、合宿免許に参加するのは難しくなっています。当サイトでは合宿免許という方法を選択することで、どのようなメリットがあるのかなどを紹介させていただいています。簡単な流れなども説明しているので、よければ参考にしてみてください。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket